2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« いかにもタイに行ってきましたみたいな | トップページ | 梅雨明け? »

2014年6月22日 (日)

梅雨ざんす

20140622195044
雨の週末でした。晴耕雨読。晴れても耕しはしないけど。

古本屋で求めた山本周五郎さんの風流太平記を読み終えたので、
実家から持ち出した文庫本の頁をめくっています。
藤沢周平さんを読むのは初めてです。

「冤罪」は短編集、「孤剣」はNHKの時代劇「腕におぼえあり」の原作で
シリーズ第2作です。
「回転の門」は清河八郎(名前は聞いたような気がするけど
中身は全然知らない人)を主人公にした小説です。
561頁もあるので読み始めたことを少し後悔しています。

藤沢さんは山本さんより新しい世代なので、時代小説といっても
一括りにできない違うテイストがあるように思います。
トムヤンクンと韓国のチゲスープくらいの違い、
では比較がよくわからないか。
映画でいうと、寅さんと釣りバカ日誌くらいの違いかな。

僕は例えが上手ではありません。

« いかにもタイに行ってきましたみたいな | トップページ | 梅雨明け? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最近,本読んでないなぁ。。。

清河八郎は新撰組の前身である浪士組に関わっていたので、
たぶん司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」に出てきたのでしょう。
全く記憶にありませんが。

今は新田次郎さんの「怒る富士」を読んでいます。
1980年5月25日 第1刷 と記されていて、
値段は340円とあります。
とても字が小さくて難渋しています。

ぽっぽさん、読書より借金返済が大事です。
お仕事頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297526/56580233

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨ざんす:

« いかにもタイに行ってきましたみたいな | トップページ | 梅雨明け? »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • デブ話
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 美容・コスメ
  • 自動車の話
  • 音楽