2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の5件の記事

2013年10月27日 (日)

読書封印

火曜日に受けた不動産会社はボツでした。

文系だから日商簿記の2級くらい持っていないとお話しにならないらしい。
そういうわけで、趣味の読書を封印してしばらく学業に専念することにしました。
この歳で就活とは、家族は皆あきれかえっていますが、あきらめません。

パワハラ職場に見切りをつけて就活始めたら、とたんに眠れるようになりました。
今日も元気に休日出勤して、損害保険の12月更改分の案内を全部発送できました。
今までの僕だったら2週間くらいに分けていた仕事量です。

もう後ろを振り返ることはありません。
だから、BostonのDon’t Look Bacckを聴くのだ。
これでいいのだ!

https://www.youtube.com/watch?v=ZCo3wFCYZsw
では、また会う日まで!

2013年10月20日 (日)

読書もほどほどに

20131020141221

何週間もかけてようやく1冊読み終えました。
まだ若くてエネルギーばりばりの椎名誠さんの意気込みが伝わってきて、読んでいて嬉しくなる1冊でした。
さて、私は、ささやかな決意を胸に秘めています。中途入社で20年間勤め上げてきた今の会社から転職を模索しています。人生で最も充実しているはずの40歳代を一人のパワハラ野郎に台無しにされようとしており、この失われた年月は二度と戻ってこないということに気がついたからです。

黙っていてもヤツは後数年でいなくなることは分かっているのですが、そのときを漫然と待っていてはいけないような気がするのです。そのとき僕は50歳代手前、転職したらしたで新たな悩みも現れるかもしれませんが、どのみち茨の道であるに変わりなく、どうせなら、わずかに情熱が残っている今の内に、若い頃司法書士の事務所に勤めたり宅建の資格を取ったあの時代の初心に返って、本当にやりたかった不動産関係の仕事に身を捧げたいと考えています。

周囲の反応はどちらかというと反対が優勢です。収入は減るだろうし土日に休めるかどうかもからない会社より、今の会社の方がよほど居心地がいいはずだし、なによりあの野郎の悪政も後数年で終わることがはっきりしているから、何を今更というのが大方の意見です。まあ、それは転職が不調に終わったとき考えます。

こんなことを考えたのも、この「本の雑誌血風録」を読んで、自分の中に眠っていた何かが目覚めたからなのでしょうか。罪作りな1冊よの~。

2013年10月14日 (月)

連休最終日のいい日和

20131011153644_2

大分市内で暮らしフェスタが開催されており、お金はないので、秋の味覚の、せめて匂いだけでもとやって参りました。広島風お好み焼きが美味しそうでした。
20131014201223
さて、かなり前から読み続けている「本の雑誌血風録」ですが、今日もあまり進捗がなくて、全体の3分の2くらい読み終わりました。本の中に、本の雑誌社の初代事務員として雇われた、後の群ようこさんのことにも話は触れられていて、彼女の本にも少し興味が湧いてきました。その前に6冊も本を借りて2週間でどこまで読みこなせるか、そこが問題です。

今夜はすでに睡眠導入剤を服用済みなので、いつ眠くなってもいいように歯磨きしています。

それでは、また、ごきげんよう(´△`)Zzzz・・・。o○

2013年10月13日 (日)

読書のペースダウン_ノフ○ グッタリ

なぜだろう、今日が返却期限で本を返しに行ったのに、また同じ本借りて、さらに3冊追加で借りて、返却する前より本が増えているという、憂慮すべき事態に。
たぶん絶対全部読めんな。
ここのところ、集中力が落ちていて読む速度は確実にペースダウンしています。
でもがんばんべー(^_^)v

20131013172449

2013年10月 6日 (日)

お茶飲料のこと

休日は早い時間からビールを飲むので、4本空けてしまいます。
家飲みなのでそれ以上は飲みません。
そうはいっても4本飲むと頭はクラクラ、喉も渇くので、そういうときはこれ、

20131006223508
緑茶飲料がいいんですよ。
本物の緑茶は渋いけど、お茶飲料は渋みがなくて、かすかなほろ苦さとともに甘みさえ感じます。難点は飲み過ぎると眠れないこと。
特にお気に入りの銘柄はありませんが、某スーパーのプライベートブランド商品を飲んだらすごく渋くて、こりゃ駄目だ、と思ったので、綾鷹、伊右衛門をよく飲みます。なぜなら1本138円と安いからです。自販機の500CCのお茶より安いんだから偉いよなー。

さて、今週も読書の進捗はあまりなく、本の雑誌血風録のやっと第3部にすすんだくらいです。来週の日曜帯は返却期限なのに残りの2冊も含めて読めるんだろうか。ちょっと厳しい感じがします。本の雑誌とは椎名誠さんの友人というか、後輩というか元部下が個人的に酒の席での書評が、手紙になり、活字になり、雑誌に進化したという恐るべき雑誌です。
グーグルで検索したらちゃんとヒットするので、ちゃんとした雑誌のようです。
沢野ひとしさんの挿絵も相変わらず異彩を放っています。感想は全部読んでからにします。

今週はこの辺でお開きということで、やけに短いとお思いになる方もいらっしゃるかと思いますが、アホ丸出しのこのブログに熱心にコメントを下さる方がいて、その方のコメントなくしてはモチベーションが上がらないのです。ウルトラマンが変身したものの怪獣が出てこないまま3分間経過し、胸のカラータイマーが赤く点滅し始めたような状況を想像して頂けると良いと思います。決してその方のことを怪獣と思っているわけではないので誤解のないように。

では、また来週。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • デブ話
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 美容・コスメ
  • 自動車の話
  • 音楽