2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の6件の記事

2013年9月29日 (日)

せめて「活きもの」ならわかるのだが・・・

お前はもう死んでいる、と思う。

20130928142027

それでは、今週の読書報告。
図書館で借りていた「本の雑誌血風録」をまた、借りました。
土曜日に返却期限が到来していたので、返却ポストに返したのを、
何を思ったかまた借りました。
なぜなら、まだ100頁も読んでいないからです。
なお、周さん中短篇集は誰かが借りていったらしく、棚にはありませんでした。
他に借りるつもりはなかったのですが、
「小泉武夫の食に幸あり」と「タヌキの丸かじり」も借りてしまいました。
今回は周さん抜きのやや不真面目な布陣で、とは言いつつ、
返却期限2週間で読む暇あるのか、はなはだ心許ないのですが、
まー、読めなくても悔やむことはない、本は逃げないから。
そういうわけで、この2週間で1冊も読み終えることができなかったので、
読書感想はありません。
どうもごめんなさい。

土日はそれぞれ昼まで出勤しましたが、会社に着くなり二度寝して、
仕事は二日間で正味6時間くらいできたかどうか、というところです。
前の週の遅れはまぁ応急処置程度、次週の予習は時間切れで×、
明日からまた後手後手の自転車操業で苦しい1週間になりそうです。

それでは、世界平和を祈念して(こういう大げさ表現がいけないんだろうな)、
また、お会いしましょう。

2013年9月24日 (火)

まだまだ予断を許さない

このところの、心身の不調の原因である、
経審(経営事項審査の略)が
佳境を迎えています。

申請書の原稿ができたので、
上司に見せたら、
付箋だらけで戻ってきました。

普段は時代錯誤のパワハラ親父ですが、
こういうときは助かっています。

さて、今夜も早寝しよう。
昨夜は結局午前3時半に目が覚めたけど、
今夜は薬飲んで寝ます。

朝まで起きませんように。

それでは、皆さんのご多幸をお祈りしまして、
お先に失礼します。

おやすみなさい。

2013年9月23日 (月)

魚博士と言われるし、日々反省の今日この頃。

最近、睡眠時間の減少とともに読書量も減ってきています。
不眠症になったらしく、夜中寝ずに会社の宿題やったりしているのですが、
薬飲んで活字を数行追えば、何のことはない、コテンと寝落ちします。
ただ、ゆっくり寝ていられないほど仕事が滞っていて、活字を追ってコテン、
とはしていられない状況でして、三連休全部出社したけど、
進捗はあまり芳しくないのであります。
僕がのび太君ならすぐドラえもんに助けを呼ぶところです。

椎名誠さんの「本雑誌血風録」もほとんど読まれないまま放置されています。

しかし、必ずしも仕事のせいばかりとはいえず、
facebookに入り浸りなのも大いに問題ありです。
夜中、仕事に煮詰まっては、つい、いつもの馬鹿話を書き込むので、
「お主、ただの魚博士ではないな」とまでコメントをもらって
いい気になっておりました。

反省、反省で反省の気持ちは大ありなのですが、
とりあえず目先のお仕事をやっつけてから、反省します。

2013年9月15日 (日)

見つからない

20130915142202

図書館で丸かじりシリーズを検索してみて、その場所に行ってみたけどやはり置いてありませんでした。松尾芭ションボリ。唯一あったのは「ゆで卵の丸かじり」でしたが、置いてあったのは料理本の棚でした。な~るほど、「随筆」の棚をいくら探しても見つからないわけです。

実は、前回借りて読みきれなかった2冊を再度借りるだけのつもりでしたが、予てから気になっていた「丸かじりシリーズ」が本当に所蔵しているのかチェックしてみようと思い立って検索した結果が、写真の資料請求票です。「丸かじり」は他にも多数「在庫」となっていましたが、示された文春文庫の棚にはそれらしきものは全くありませんでした。在庫管理はどうなっているんだ、プンプン!
それでも手ぶらで帰るのが悔しくて「ショージ君の満腹カタログ」と「ゆで卵のまるかじり」を借りた結果、図書館に行くときより帰るときの方が冊数が増えているという現象が起こったのでありました。

どうしたわけか、最近眠りが浅くて、夜2~3時間しか眠れてないんですが、とうとう金、土は一睡もできず徹夜になってしまいました。目は覚めているものの、すさまじい倦怠感で、とても読書どころではないのですが、無謀にもまた本を借りてしまったのは前述のとおりです。

まー、ノンアルコールのビール風飲料をちびちび飲みながら頁をめくってみましょうかね。
それでは、続きはまた今度。

2013年9月 8日 (日)

とり皮がない

魚も好きだけど、鶏肉も好きなのであります。
とくに皮、パリッと唐揚げにしたら、ビール何本でもいけます。
だけど昨日も今日も鶏皮の唐揚げに行き当たらなかった。
いつものごとくカツオで缶ビール3本。
不完全燃焼ながら心地よく酔えました。

さて、赤ひげ診療譚読み終わりましたよ。
周さんの人生の美学を堪能しました。
登君についてはハッピーエンドでよかった。

赤ひげに続いて読み始めたショージ君の「ヘンな事ばかり考える男 ヘンな事は考えない女」は、
私の眠りのツボにぴたっとはまるようで、床に入って読み始めて1頁持たずに眠りこけます。

まぁ、平日がずっと不眠症気味だったから、ちょうど良い休養になりました。
しかし、図書館から借りてまだ読んでない本がまだ2冊。
どうせ平日は眠れないだろうから消化はできるだろうけど。

ここまで読んで一番馬鹿馬鹿しかったのは、「さあ、手づかみでたべよう」という章です。
インド人がカレーライスを手で食べているのを見てやってみたくなったそうです。
ニッポン人なら和食からいけ、ニッポンの朝食でいけ、という心の声に従ってみると、

「ご飯が熱い。みそ汁も熱い。この食事法の最大の欠点は、熱いものは絶対に食べられないと言うことだ。」、
「問題は納豆であった。納豆・・・。ウーム、納豆。納豆に目をやった瞬間から、わが指先はおびえているようだ。何かを感知して、怖じ気づいているのがよくわかる。」、
「一挙突入。指揮官は命じたのだが前線はまだためらっている。人指し指だけをネチリと納豆の中に没入させる。ネチリ、ネチリ。中指参加。ネチリネチリ。薬指も参加。ネチネチネチ。」、
「できることならいますぐこの作業を中止したい。中止してすぐさま水道のところへ飛んでいって手を洗い、この話はなかったことにしたい。」、
「納豆だけは手でつかんだことはない。納豆だけは手でつかまないように、用心しつつ生きてきたのがわが人生ではなかったのか。」
・・・と、執筆のためとはいえ、大変困難な状況が伝わってきました。でも、あまりネタバラシはよくないのでこの辺で。

さー、頑張って続きをサクサク読もう。

2013年9月 1日 (日)

新サンマと関アジ

20130831185817
サンマは刺身でも脂が感じられてちょっとウッときます。
オーソドックスに塩焼きが良いのではないでしょうか。
一方関アジはさすが筋肉が引き締まっていて食感がコリコリしています。
贅沢言うようですが、私は噛むと旨味がジュワーッと口に広がる刺身が好きです。
関アジをそうするのはもったいないけど、アジを酢で締めるとこれは結構うまい。
サンマも関アジも酒の肴としてはあまり好みではないので、
熱々の白ご飯に載せて食べたら、美味しかった、幸せです。

さて、先週は1週間かけて「小説日本婦道記」を読みました。
人としての生き方、人情というより美学といえそうな周さんの世界が繰り広げられ、
小さな感動、大きな感動が随所にあり、良い本でした。
あらためて「墨丸」を読んだけど、いいなぁ。
「二十三年」のおかやも、白痴で唖者のふりをしてまで人生を主にささげて、
何でまたたった一度の人生を棒に振るようなことをするのか。
気持ちはわかるけれども、なかなかそれが出来る人は少ないのでは。

金曜日からは「赤ひげ診療譚」を読み始めました。
まだ序盤ですので、さして感想もないのですが、
保本登が次第に赤ひげこと新出去定に尊敬の念を持つようになっていく過程が何となくわかります。
大学の大先輩で、大分で弁護士をしている人がいて、
弁護士を志した動機になったのが、「赤ひげ」なのだそうです。
すごい影響力ですね。周さん。

佐世保の兄一家が佐伯の実家にきたので、私も金曜日の夜から1泊しました。
古い書棚に、年季の入った文庫本が収められてあり、
新田次郎の「怒る富士」、「栄光の岸壁」など、11冊サクッと持ち帰りました。
読み終えた宮部みゆきさんや、
去年入院中に読んだ池井戸潤さんの半沢直樹ものなどを置き土産にしたのですが、
持って行った本より持ち帰った本の方が多い。
当分読む本に不自由しなくていいでしょう。

従って本日図書館の用事は返却のみ、の筈だったのですが、
周さんの「中短篇秀作選集4」、
ショージさんの「ヘンな事ばかり考える男 ヘンな事は考えない女」
シーナさんの「本の雑誌血風録」
を借りました。

ま、本は逃げないから良いでしょう。

それにしても台風崩れのまとまった雨ですね。
晴耕雨読、といいますが、晴読雨読ならまだいいが、休日は晴眠雨眠です。
子守歌代わりにBOSTONを聴きながらまた眠りに落ちましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=89ttNwIJe9o

それではまた来週。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • デブ話
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 美容・コスメ
  • 自動車の話
  • 音楽