2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の2件の記事

2013年2月24日 (日)

まだまだ活字に飢えてます

前回のブログ更新の後、池井戸潤「銀行仕置人」、宮部みゆき「魔術はささやく」を読みました。読むと言っても平日は帰って寝るだけの生活なので土日しか読めないんですけど、「休日が待ち遠しい」という感覚になるのは何年ぶりだろうね。小説は仕事で疲れた脳に良い栄養になります。
「銀行仕置人」は銀行ミステリーで、結構痛快で面白い。「魔術はささやく」もいつか読んだ「龍は眠る」に通じるような展開で、これまたあっという間に読んでしまいました。実は今日も休日出勤していたのですが、ストレスにまみれ疲れ果てて帰路についたものの、今夜読む本が必要だと思い、書店で宮部作品の「レベル7」を買って帰りました。おかげで晩酌の肴を買う金がなくなりました。今夜は早めに風呂と歯磨きを済ませ、読書しながら寝落ちしようと考えています。寝不足は辛いが掟破りの平日読みになりそう。

2013年2月12日 (火)

活字に飢えた白山羊さん

皆様お久しぶりでございます。

相変わらず損保の仕事に追われて休日出勤は続いていますが、2月になって気のせいか少し余裕できたかなという気がしたので、およそ8ヶ月ぶりに小説を読んでみました。数年前に映画やTVドラマになった横山秀夫の「半落ち」です。恥ずかしながらまだ読んでなかったんですよ。すみません。去年読んだ同じく横山秀夫作品の「陰の季節」がなかなか面白かったのでこの本を選んだ次第です。

昨日(建国記念日)にしんどい仕事から心が荒んだ状態で帰ってページをめくると、ささくれた心にオロナインH軟膏が優しくしみこむが如く、活字がするすると脳細胞に刻まれていくではありませんか。夕方から読み始めたんですけど、357ページを一気に読み上げると日付が変わって0時40分でした。それから入浴したりしてすっかり夜も更けて、こりゃ今日は完全に睡眠不足だと思ったけど、一夜明けてみると不思議にダメージが少なくて快調でした。

精神衛生上、読書はとても良いみたいなので、次のお小遣いが入ったらもう一冊読んでみようかな。貧乏だから専ら文庫本ですけどね。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • デブ話
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 美容・コスメ
  • 自動車の話
  • 音楽