2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の8件の記事

2010年12月31日 (金)

今年最後の大仕事

2010123113410000 2010123113410001_2

ベランダの電気温水器のタンクのうらにシダ植物のような雑草が茂っていました。取り除きたいんだけども手が届かないんですよ。

ぎりぎりまで手を伸ばして少しは取れたんですけどね。

後は窓ふきが残っているんですが、

①洗濯物の取り込み:妻

②ベランダの掃き掃除:娘

③ベランダの窓ふき:僕

の順序なので、なるべく暖かい昼間のうちにやっておきたいのに、娘がなかなか始めないものだから、夕方になってしまったではないか~。

5時になったら入浴して、日本酒飲むぞ~。純米吟醸酒だぞ~。おかずはおでんだぞ~。

2010年12月28日 (火)

ビールにカステラは何とかいけたけど日本酒にカレーはちょっと無理

2010122820020000 今日は仕事納め。会社帰りにいつもの清酒を買って帰りました。妻の勤務先の忘年会が今夜だったことに帰ってから気づき、鍋の中をのぞくとカレーがありました。いつもの肉なしカレー。

カレーに清酒は相性あまり良くないような気がするから、今夜は飲まずにおきましょう。

この雪雀は、学生時代、バイトしていた店で出していたお酒です。お客さんの評価も上々でした。

正月にはイカや貝柱の刺身を解凍して酒の肴にしようと思っています。

2010年12月18日 (土)

カキフライ あゝカキフライ カキフライ

前回のブログでお京さんが2010121817520000カキフライ食べたというコメントを入れてくれたので、ガストかジョイフルでもいいからカキフライ食べたいなと思っていたら、今日、スーパーのお惣菜売り場でカキフライ発見。10個入り298円。

実は昔、カキ(牡蠣)は苦手でした。いつから食べられるようになったか記憶をたどっていくと、高校生の頃、有明海沿岸のカキ小屋で焼き牡蠣を食べたらすごく美味しかったことを思い出しました。たぶん その頃からでしょう。

東京で自炊生活していた頃は、生食用を買ってきてみそ汁の具にしてみたりしました。出汁がまた美味しいんですよね。

ただし、この歳になっても生ガキはあまり得意ではありません。熱を通さないと食べられません。我が家は妻子が貝類を全く食べないので、今日のカキフライは独り占めです(薄笑)。

2010年12月16日 (木)

明日は弁当なしだ~

会社で一人残業していて気がついたら時計は20時をまわっていました。

今日一日、些細なことにガク~ンと落ち込んでいた僕。今日もいろいろやりしくじった一日でした。

家に帰り着くと、妻から「明日は弁当なしでいい?」といわれ、反射的に「いいよ。」と答えてしまいました。

明日のことは明日考えることとしてもう寝ます。いや、明日の昼食を何にするか考えながら寝よう。

それでは、お休みなさい。

2010年12月13日 (月)

魅惑の白身魚フライ

今夜のおかずは白身魚フライ。のり弁に入っているあれです。さくっとした歯触りから油の甘さが口いっぱいに広がり、かめばかむほどに脳が極楽モードに切り替わっていきます。

社会人になってすぐの頃、経済的に一番苦しかった頃にいつも食べていたのがのり弁でした。夜霧のハウスマヌカンは鮭弁当だったかな。給料日前に所持金2千円で一週間乗り切るときはいつものり弁でした。今は好きなときに好きなだけ白身魚フライが食べられるけど、あの頃は貴重なタンパク源でした。

給料が入って一瞬だけ懐が暖かくなると、大森鳥久のからあげ弁当も奮発して買って食べたものですが、この話はまたいつか別の機会にします。

どうも雨の日は懐古趣味になりがちだな。

2010年12月10日 (金)

納豆家族

我が家の夕食には納豆が欠かせません。食事の最後にストレートで食べたり、ふつうにご飯にかけて食べたり、みそ汁の中に投入したりします(汁に適度なとろみがついてなかなかのもの)。しかし、我が家に一人だけ納豆嫌いがいます。それは息子です。彼は食事の時、口に食べ物を入れる前に、入念に臭いをかぐ習性がありまして、たまたま古くなった納豆のきっつい臭いに気分悪くなってから食べ なくなりました。余談ですが、食べ物の臭いをかぐ癖は私の父からの隔世遺伝です。

 「食ひ物を 入念に嗅ぐは吾が癖で 孫も嗅ぐなり 子は嗅がずして」

 上記の一首は以前修さんのブログでも紹介したことがありますが父の作品です。

今夜はチャーハンにかけて食べました。息子をのぞく家族3人が一心不乱に納豆をかき混ぜ始めると、息子一人が苦々しい顔をしています。三方向から納豆の臭いが攻めてくるので無理もないです。でも、僕にはそんなに臭いがきついとは思えないんですけど。一番のおすすめはカレーに納豆です。これもまた適度なぬめりが辛さを包み込んで、胃にも優しいですよ。絶妙のコンビネーションと言っても過言でありません。

納豆の話はこのへんにして、今度の天皇誕生日、年賀状を投函するついでにノエル姐さんのお店に立ち寄りたかったのですが、前の晩が会社の忘年会でして、翌日は夕方まで壊れているはずです。酒気帯び運転になるとまずいので、断腸の思いで延期いたします。本当にごめんなさい。冬眠から覚めたらまたお会いしましょう。

2010年12月 5日 (日)

妻のいない土日

妻が「ちょっと道後温泉につかりにいってくらぁー」と愛媛の先輩女子行員のところに泊まりがけで遊びにいって、子供らも妻の実家に泊まりに行った関係で、久しぶりに一人きりの週末を謳歌しました。

初日の夜は牛肉の薄切りをフライパンで炒め、カボス果汁を絡めてご飯に乗せて超豪華牛飯を食べました。

本日の朝食はスパゲティにレトルトカレーをかけたものを食べて済ませ、、昼食も即席ラーメンで済ませ、子供たちが戻ってきた後の夕食は野菜はおろか何にも入れない具なし焼きそばに半熟目玉焼きをトッピングして食べさせたら、「野菜が入ってないからおいしい」と大好評(素直に喜んで良いものやら微妙な心境)。朝昼晩と麺ばかり食べた、とても幸せな休日でした。

2010年12月 2日 (木)

もうすでに師走

年賀状の準備もしなきゃと思い、筆○めのダウンロード版を購入したんだけれども、セキュリティーがかかってダウンロードでけんに~。なんでやろ。それはそれとして、新年に向けての準備がいろいろ始まっています。

毎年仕事始めの日に、自宅から徒歩10分のところにある春日神社で会社の安全祈願祭をしてもらうのが恒例になっておりまして、まず予約の電話。朝9時から一斉に予約受付開始だったんですけど、すでに掟破りのフライング野郎が9時前から電話しているみたいで、15分間ずっとリダイヤルし続けて無事電話がつながり、予約完了です。

あと準備するのは、初穂料ののし袋とその中身1万円と、奉献酒。

先々週に受けた研修のレポートも滞っています。右をみても左をみてもやりかけの仕事ばかりです。

あ~、眠たい。明日から頑張るからもういいや。ほとんど毎日これ呟いているなぁ。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • デブ話
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 美容・コスメ
  • 自動車の話
  • 音楽