2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の6件の記事

2010年2月24日 (水)

若妻は何処?の日

2010022009270000 「若妻」いい響きですね。かなり強気の看板です。野菜などが売っています。夏に行ったときにトウモロコシを買って食べたらおいしかったです。

2010年2月18日 (木)

昨日のおさらいの日

昨日の「新明解国語辞典」の独特の訳は、実は結構有名だったらしい。通称「新解さん」。

「新解さん」で検索したら続々出てきました。私の持っている「新解さん」は第3版で昨夜述べたようにまだ所々に遊び心が残っていますが、新版になるに従って遊び心も少しずつ改められているようです。

2010年2月17日 (水)

ご無沙汰しすぎの日

如月(きさらぎ)も半ばを過ぎまして、振り返ると今月はブログ更新が低調でありました。

「きさらぎ」は、寒さで着物を更に重ねて着るから「衣更着」とか、次第に気候が陽気になることから「気更来」、草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」 ともいわれているそうです。子供の学校の宿題で調べた経験があります。広辞苑では、「衣更着」の説を誤りとしていますが、私の愛用している「新明解国語辞典」では「衣更着」の説を採用しています。辞書同士でけんかしちゃいけないな。

ところで、「新明解」ですが、これには時々面白い解説があります。

例えば、

【恋愛】「特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持を持ちながら、それが常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。」とか、

【おこぜ】「背びれに毒のとげが有る近海魚。ぶかっこうな頭をしているが、うまい。[カサゴ科]」とか、

【実社会】「実際の社会。[美化・様式化されたものとは違って複雑で、虚偽と欺瞞(ぎまん)とが充満する、毎日が試練の連続であると言える、きびしい社会を指す]とか。

今日は結構引用で行が埋まりました。手抜きバレバレ。

2010年2月 4日 (木)

帰るに帰れない日

終業時刻を過ぎても帰る気配のない上司。仕事をしているわけではありません、小説を読みふけっています。おそらく切りが良いところまで読むまで帰る気がないのでしょう。

今日は帰りがけに損保会社に書類を届ける用事があるので遅くならないように定時きっかりに帰ろうと思っていたのに、上司より先に帰るのは何か抵抗があるしな~と、もやもやしていましたが、終業時刻から15分経過したところで思い切ってエイヤッと席を立って書棚の施錠をして、金庫を締めて、タイムカードを押して脇目もふらず「お先に失礼しまーす!」と事務所の出口に向かって叫びながらとっとと帰りました。

2010年2月 3日 (水)

無い物ねだりをされる日

会社の同僚で、事務所内にとうていありそうもない変なものを探す奴がいます。

そこそこ不自由しない程度の文房具は買い置きしているのですが・・・、

日常の会話の例を挙げますと、

「たごさくさん、コンクリート釘持ってませんか?」「持ってません」

「たごさくさん、木工用の両面テープ持ってませんか?」「持ってません」

「たごさくさん、亀の子だわし持ってませんか?」「持ってません」

なんで亀の子だわしを常備しておかないといけないのかい?

車で5分もかからないところにホームセンターがあるのに・・・。つづく。

2010年2月 1日 (月)

雨降りに傘を忘れた日

まずは出勤時。車の中に傘を置き忘れていて駐車場まで濡れながら歩きました。

次は仕事中。銀行から出るとすごい雨で、カバンを頭の上にのせて車まで小走りに走ってから気がつきました。ありえねえだろ、普通、と自分で突っこみ入れながら、銀行に傘忘れてきたことを。

雨の日は大瀧詠一の「Water Color」という曲を車の中で聴きながら、雨を堪能しています。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • デブ話
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 美容・コスメ
  • 自動車の話
  • 音楽